業者側から見るキャッシングの裏側と現状

B地方銀行の現状

B地方銀行の現状

 

B地方銀行の現状

地方銀行の経営状況はメガバンクの立場より更に厳しい状況と言えます。地方銀行のメイン顧客である地方の名門企業は、業績の立ち直りが遅れているからです。従って、企業の前向きの資金需要が中々出てきません。また、メガバンクに比べると住宅ローンの伸びも鈍いのが現実です。

 

地方銀行は止む無く余剰資金を日本国債市場で運用していますが、債券運用にも限界が見えてきました。特に、近年、メガバンクが日本国債の売却に動いたため、それに更に拍車をかけているのです。

 

地方銀行としては、メガバンクの動きに追随するしかないのが現状です。その様な経営環境の中で個人向けのキャッシング事業の重要性はますます高まっています。

 

しかし、一部の都市部の地方銀行を除くと、個人向け無担保カードローン事業にアクティブに立ち向かっているとは言えません。特に、地方に於いては改正貸金業法の総量規制の導入で、大手消費者金融会社のキャッシングは伸び悩んでいます。従って、総量規制の影響を受けない地方銀行は、個人向け無担保カードローンのシェアを増やす絶好のチャンスなのです。

 

ところが、現在の地方銀行のカードローン対応は、決して顧客のニーズを掴んでいるとは言えません。地方銀行独自のカードローンサービスやユニークなサービスが殆ど見られないからです。総量規制が適用されないメリットはあれど、サービスに充実性が見られなければ集客には繋がりません。

 

とはいえ、すべての地方銀行がそうというわけではありません。一部の都市部の地方銀行は、ユニークなキャッシングサービスを行っています。例えば、「おまとめローン」を前面に出した営業に徹する地方銀行や、ネットからのスピードと利便性に徹した地方銀行などが見られます。

 

これからは、そのような独自性に優れたサービスをより多く展開し、総量規制のかからないメリットを存分に活かすことが重要となってくるでしょう。消費者金融と遜色ないサービスを展開することができれば、消費者金融業者の顧客を根こそぎ囲い込むことも不可能ではありません。


ホーム RSS購読 サイトマップ