業者側から見るキャッシングの裏側と現状

Aメガバンクの現状

Aメガバンクの現状

 

Aメガバンクの現状

本来の銀行の役割は預金を集め、集めた資金を企業や個人に貸し付けることです。その中でも銀行にとって最も効率的な融資は大企業向けの大口融資です。しかし、業績が良く本来は設備投資などの資金需要が旺盛な優良企業は有り余る余剰資金を抱えています。つまり、メガバンクなどの大手銀行が融資したい優良企業は銀行を必要としていません。

 

一方、資金需要がある企業は業績が悪く、銀行は余り資金を出したくないのです。無論、貸し倒れを恐れてのことです。ここに大手銀行の大きなジレンマがあると言えます。そこで、大手銀行は余剰資金を日本国債投資に振り向けてきました。国債投資は確実な利益が見込めるからです。しかし、ここ数年、日本の国債の格付けが下がる中で、これ以上、国債のウェートを上げられない大手銀行は国債の売却に踏み切っています。その結果、メガバンクなどの大手銀行が余った資金を振り向けたいのが個人ローン分野なのです。

 

特に、大手銀行が注力しているのは住宅ローンとカードローン分野で、住宅ローンは不動産の消費増税駈け込み需要で大きな伸びを見せています。また、利幅が厚く収益性のある無担保個人カードローン分野は、非常に儲かる分野と言えます。そのため、メガバンク各行は大手消費者金融会社を買収して、無担保個人カードローン分野の現場のノウハウ吸収を図っています。特に、三菱UFJフィナンシャルグループと三井住友フィナンシャルグループは、それぞれ大手消費者金融会社を傘下に持ち無担保個人カードローン分野を強化しています。

 

三菱UFJフィナンシャルグループはアコム、三井住友フィナンシャルグループはプロミスとモビットを現在所有しています。もちろんそうでなくとも、銀行でのキャッシングサービスは利用することが可能です。

 

今後、キャッシング業者としてのメガバンクが打つ手はカードローン金利を引き下げた体力勝負が考えられますので、利用者にとっては朗報となるかもしれません。


ホーム RSS購読 サイトマップ